こんにちは! 湯浅 忠雄です!アクセスありがとうございます!世界とアジアで人を育ててきました。Hello ! My name is Tadao Yuasa.Thank you for visiting . I have been growing people across the world through Asia !

こんにちは! 湯浅 忠雄です!アクセスありがとうございます!世界とアジアで人を育ててきました。Hello ! My name is Tadao Yuasa.Thank you for visiting . I have been growing people across the world through Asia !

メニュー

人材育成に関する日々の想いを綴ります。Daily thoughts on human development 

2 May 2022

誕生日の想い出 Memories of birthday

今日は、長女の誕生日です。8年前の彼女の誕生日、「今年の誕生日プレゼントは、犬にしようか」と決めました。

思い立ったが吉日でした。

この8年間、苦楽をともにしてきました。

そして、これからも。

今日は素晴らしいことが起きそうです。


It is my daughter’s birthday today.

“Why don’t we have dog?” 

I proposed as my daughter’s birthday gift  on May 2nd .

There is no time like the present.

Our new family member has been going through both happy days and

sad days since then.

And, from now on.

Something great will happen today !



1 May 2022

ウキウキする日々 Buoyant days

今日から5月ですね。生家の街では、5月1日に大きな祭りがあります。

子供の頃は、それが待ち遠しくて仕方ありませんでした。何といっても、

学校が半ドンだったからです(笑)そして、学校から帰宅してすぐに、

友達と街へ飛び出しました。子供の頃、ウキウキする日が、一年に何回か

ありました。大人になっても、そんなウキウキする日を、年に何回か

持ちたいものです。

本日も、素晴らしいことが起きそうです。

It is 1st May today.  there’s major festival in my hometown.

I was always looking forward to it in my childhood, because school was 

half  day ( laugh).  After coming back from school, I went to center of the city with my friends. 

There used to be some buoyant days within one year  in our childhood. 

It is not meaningless to have buoyant days even after your  maturity. 

Something great will happen today !

30 Apr 2022

時代に流されず、味方につける Putting current  trend on your side, instead of going with the flow

毎日、世界各国とのオンライン研修が続いています。

3年前、オンラインで研修を行うという発想は、限界は感じても、

可能性を感じませんでした。しかし、今は、様々な可能性を見出して

います。今週は、メキシコとのオンライン研修です。

時代を味方につけることは、時代に流されることと違います。

自らの足場を崩さず、時代を引き込むことが大切です。

本日も、素晴らしいことが起きる予感がします。

I have doing webinar for cooperate  clients across the world everyday.

I had never imagined any opportunities about on line training three years ago,

although l thought of its limitation. Currently , I can appreciate its potential possibilities. I have webinar for client in Mexico this week.

Putting current trend on your side is one thing , going with the flow is another.

It is important to draw in the trend without undermining one’s standpoint.

Something great will happen today! 

29 Apr 2022

批判的精神について About critical spirit

先日、ある政治家の発言に対して疑念を抱く知人に、当該政治家が開設する

ホームページに質問をしてみてはどうかとアドバイスしました.

「いや、どうせ政治家なんて、正直な回答なんてしないよ」

そう反論する知人に、やってみないとわからないのではないか、批判的精神が懐疑的精神に取って代わられると、結局は、決して望まない社会を招来することになる、と主張しました。

こうすればもっと良くなるとして意見するのが批判的精神、一方で、どうせやってもダメだからと何も行動を起こさないのが、懐疑的精神です。

常に前者でありたいのです。

今日も素晴らしい1日になりそうです。


Recently, when my male friend shared his doubt about one politician’s statement, I shared this politician’s website in order for him to send his opinion.

He replied. 

”It will be no use. Politician never answers honestly.”

I told him

“ Unless you take action, you don’t know it’s outcome. You invite unwelcome world once skepticism takes over criticism.”

Definition of critical spirit is “it will be much better if it is improved this way or

that way. On the other hand, skeptical spirit is “there are nothing we can about it.”

I always keep the former in mind.

Something great will happen today! 






28 Apr 2022

人生のピークについて About peak of life

20年連続赤字の現地法人の経営を任されて、シンガポールに赴任したのが

32歳の時でした。

会社の再建どころか、経営さえやったことのない中で、口では威勢の良いことを言いながらも、内心は不安しかありませんでした。

何とかしようと、頭に浮かんだアイデアを全て実行しました。

本当にあの時は、24時間、働き詰めでした。でも、気持ちはずっと昂揚

していました。一年後、累損解消、借金完済し、様々な新規事業の歯車が噛み合い、法人は黒字経営化しました。

一回、高い頂に挑戦すると、その後の見晴らしは、全然違います。

ピークを高く設定することに、何の躊躇も要りません。

本日も素晴らしいことが起きそうです。


When I was 32 years old, I was assigned to manage affiliated company in Singapore which had been recorded 20 years’ consecutive losses.

Because I had never experienced managing company at that time, I worried so much in my mind unlike what I said in front of everybody .

I  implemented every idea which came up in my mind . 

While I  worked around the clock at that time, I was just elevated.

One year later, accumulated loss was eliminated, borrowed money from HQ was returned, new businesses were carried out with synergic effect, this company’s operation became stably  profitable.

If you try higher peak, you can see the totally different landscape.

You don’t have to hesitate to set higher peak.

Something great will happen today ! 






27 Apr 2022

それを創れば、彼らはやってくるだろう。If you build it, they will come. 

人がチャンスをつかむためには、持ち前のスキルを

活かせる、そしてそれを愛でる、あるいは評価する

場の創造が大切です。映画「フィールド オブ ドリームス」のように、どこかで声が囁きます。

「もしもそれをつくれば、彼らはやってくるだろう」

今日も、素晴らしいことが起きそうです。


In order for people to grab chance of executing their skills, of loving to see them, of judging them, it is crucial to create field. 

Like field of dreams, “If you build it, they will come.”

Something great will happen today !

26 Apr 2022

前に出る!Move forward !

独立した最初の日、右手の甲を複雑骨折しました。

翌日、右腕を包帯で吊るした講師の姿をみて、受講者たちは

唖然とした表情を浮かべていました。

戸惑いの視線を浴びながらも、研修会場の中央に歩み出た時、

ふと言葉が口からついて出ました。

「右腕は怪我をしていますが、頭の方は正常です」

その瞬間、受講者たちは、大笑いして、雰囲気は和らぎました。

それから1月、同様の表現で、各地で受講者を笑わせました。

瓢箪から駒のアイスブレーキングでした。

どんな時も、迷ったら、前に出ることです。

今日も素晴らしい1日になることでしょう。

On the very first day when I started my own company, I got fractured on the back of my right hand severely.

I had the first training after becoming independent  next day.

All the participants were perplexed to see lecturer who appeared by having the arm in a sling. 

I just went up to the middle of the front at training room while being aware of 

participants’ confused eyes .

Words flowed from my mouth. 

“My arm is injured , but my brain is normal. Don’t worry.”

Then,  all the participants burst into laughter so that ice was broken with unexpected way.

Almost one month during the time when I had the right arm in a sling, 

I used this phrase as icebreaking.

If you don’t have any idea what to do under unusual situation,

just move forward ! 

Something great will happen today!






25 Apr 2022

やる気と満足について About motivation & satisfaction

以前、某国の男性受講者から、以下のような述懐を聞いたことがあります。

「この国は、政府がなんでも面倒を見てくれる国です。だから、この国にしか知らなかった時、自分は何もできない人間だと思っていました。

だけど、海外に留学して、自ら住む家を探したり、自炊をするようになって、

そのほか、生まれて初めて自立して暮らしてみて、初めて、自分の可能性に気づきました」 

満足の尺度は、「すでに得たもの」で、一方のやる気の尺度は、「これから得ようとするもの」です。

人は、すでに手元にあるものではなく、これから何かを得ようとする時、

生きている甲斐を覚えます。

今日も、素晴らしいことが起きそうです。

Previously, one male participant in  one country shared his thought on his experience with me.  

“ Because our country is spoon feeding one, I thought that I couldn’t do anything until I lived overseas for study. I became aware about my potentials after living independently such as looking for place to live ,cooking by myself etc.”

Measurement about satisfaction is what you already got. 

On the other hand, when you are in the process of trying to gain something ,

you feel worth living in this world.

Something great will happen today!






24 Apr 2022

日本人の審美眼 Japanese sense of aethetics

陽明学に、「知行合一」という考え方があります。

「知ることと行うことは、分離できない」という考え方です。

陽明学は、明の時代に、王陽明によって唱えられた思想です。

日本人は、古来、独自の審美眼によって、海外からの思想を、

日本人に合うものは受け入れて、日本流に調整されて、

そうでないものは、いつのまにか廃れていきました。

その点で「知行合一」は、「潔さ」を美徳とする日本人の琴線にあった思想と

いえます。

しかし、先述した日本人の審美眼的発想に立てば、むしろ、そもそも、日本人には、知行合一の思想が言葉よりも先に、生き方という形で存在していたのかも知れません。

同じことは、ビジネスの世界のQCや改善が、日本で独自発展したことにも

当てはまります。

そして、その背景にあるのは、実は、日本人的審美眼を、異端と言われながら

発揮して、日本を日本たらしめた人たちがいたことを、忘れてはなりません。

今日も、素晴らしいことが起きそうです。

According to Chigyougouitsu by the Youmeigaku,thought  and deed are inseparable .

Youmeigaku was started by Wang Yangming during Ming era in China. 

We, Japanese accepted what we thought worth being accepted from ancient time by our sense or aesthetics  about imported ideas and cultures ,  and grown them to the point of Japanese origin.

On the other hand, imported ideas or deeds were disappeared naturally, if they were not worth of being accepted. 

Chigyougouitsu was accepted from the standpoint of Isagiyosa , or Japanese integrity .

Or, from the viewpoint of Japanese integrity, idea of Chigyougouitsu was definitely existed  in  Japan before it was being imported , not by word, but by 

how we go through our lives.

It could be applicable to such business ideas as QC, Kaizen which were

also grown to the points of  Japanese origin.

We must forget that there were Japanese forefathers who made Japan what 

it should be , even though they were called non conformists .

Something great will happen today! 





23 Apr 2022

幸福にする義務 Obligation to make  somebody happy.

 ドストエフスキー著『未成年』で、主人公の父親が、下記のように述懐する場面があります。

「一人でも現実の人間を幸福にしてやらねばならぬという義務は、

 実際にはすべての誤ちを矯正し、その恩恵を与える当人の頭をも

 新鮮にすることになるんだよ」

自分一人が幸せでいたいという気持ちは、人を臆病にさせます。

誰かを幸せにしたいという気持ちほど、人に勇気を与えます。

臆病な人生よりも、勇気を持って歩める人生でありたいものです。

今日も、素晴らしいことが起きそうです。

As a episode within "Adolescent” by Fyodor Dostoevsky, protagonist’s father 

mentioned.

”A sense of obligation by which you must make somebody else become happy will  correct your every mistake and refresh even that person’s mindset.” 

If you think that you alone want to be happy, you will become coward. 

If you think that you want somebody else to become happy, you will become bravely. 

Why don’t you choose bravely life instead of life as a coward ?

something great will happen today ! 






22 Apr 2022

PUSH型とPULL型 PUSH type & PULL type

研修で、こんな話をします。

「マネジメントには、PUSH型とPULL型があります。

 どちらが良いかと尋ねると、大体は、PULL型と答えます。

 ところが、誰から始めますか?と尋ねると意見が分かれます。

 ある人は、マネジメントから、またある人は、みんなで一緒に

 とこたえます。

 しかし、私は思います。

 まずは「あなた」が始めるべきです。

 誰かがやってくれるとばかりに、待ちの姿勢を続ければ、

 あなたの嫌いなPUSH型の組織にならざるをえません」

 自分から動けば、周囲が変わります。

 今日も素晴らしいことが起きそうです!


During training, I share my thought as follows.

“There are two styles of management , PUSH style & PULL style. 

 When I ask which you prefer, most of people choose PULL style. 

 Then, when I ask who start it, their answers are divided. Some say that 

 it must be from management. Some say that it must be together. 

 But, I say that it must be you. If you wait for somebody else to change 

PUSH style management  which you don’t like , you have to work under it.”

If you take initiative , the others will be inspired to change. 

Something great will happen today ! 

21 Apr 2022

評価よりも成長 Growth rather than appraisal

昨日の昇格者の新任研修で、男性受講者に対して、以下のようにサジェスチョンをしました。

「あなたは、昇格したことに囚われ過ぎているように映ります。

 それでは、かえって、御自分の成長を阻害し、期待される働きができない

 でしょう。

 むしろ、昇格のことは脇に置いて、自らの成長に焦点を置いた方が

 あなたのために良いと思いますよ」

評価と成長の定義を解釈すれば、

前者は、第三者の示す指標に対して測られるものであり、一方で、後者は、自らの目標に対して取り組むものと言えますね。

自身の成長に貪欲である人が、結果的に、周囲を救います。

今日は素晴らしいことが起きる予感がします。

During yesterday's training for newly promoted managers, I gave one suggestion to male participant as follows. 

“I observe that you are occupied with promotion too much to show expected

performance. It is advisable for you to put matter of promotion aside. 

Why don’t you focus on your own growth ?”

By brief definition of difference about appraisal and growth,

the former is measured by the third party , on the other hand, the latter is 

set on behalf of own growth. 

In the end, those who are eager to grow themselves save the other people. 

Something great will happen today ! 





20 Apr 2022

あきらめない! Never surrender ! 

ドイツの哲学者 ショーペンハウアーが、こんな言葉を残しています。

「人間が何か新しい事を始めると、最初は人々から嘲笑を受ける。

 次にしばらくすると、非難をされ、 それでも続けていると

 共感を得られる」

初めてラジオ番組に出演した時、レスポンスがないのと、社内から

意味がないからやめてくれ、と非難されていたので、一年ぐらい

続けた番組をやめました。しかし、しばらくすると、「ラジオ、

最近、出られてませんね。楽しみにしていたのに」という

サイレントリスナーの声が聞こえ始めました。その後、縁があって

ラジオを再開したところ、共感を得られる番組になり、その後の

仕事にもつながりました。あなたのプラスの磁力は、必ず、誰かを

引きつけています。

今日も素晴らしい事が起こりそうです!

Schopenhauer , German philosopher , stated.

”Once somebody starts something new, the initial reaction from people is ridiculing. Then , it turns to criticizing . If somebody continues doing even under such situation, then it turns to empathizing.”

When I started appearing on radio show in the first time, I quit within one year 

since there seemed to be no obvious response from listeners and negative response from my staff who insisted it’s zero merit to the company.

“ Do you stop radio show ? I liked it a lot.”

I started hearing such feedback after I quit the first radio show.

A few years later, coincidentally, I started radio show again.  

This program became one of popular ones of radio station by getting listeners‘ 

empathies. 

Your positive magnetic force can attract somebody.

Something great will happen today!







19 Apr 2022
東京スカイツリーです。It is sky tree tower in Tokyo.
東京スカイツリーです。It is sky tree tower in Tokyo.

改善活動の様々な効果 Various benefits of KAIZEN 

昨日の改善活動の研修で、リーダー格の男性受講者が以下のように抱負を語りました。

「私の目標は、今日の受講者全員が、積極的に改善活動に取り組んで

 もらえることです」

この研修会を自ら企画した彼は、米国企業から一般社員として途中入社した頃から、

日本企業における全員参加型の経営、なかんずく、改善活動に感銘を受けていました。

「日本企業に入ってよかったことは、私のようなマネージャーでもない人間が

 会議で発言をできることだ。逆に、発言をしないと怒られる」

入社当時、そう語っていた彼も、今は、組織の中心核です。

改善活動は、日々の生産性向上と同時に、イニシアチブをとれる人材の育成に

大きく寄与します。

今日も、素晴らしいことが起きる予感がします。


During yesterday's KAIZEN training,one male participant who led the other

 participants , stated his ambition after this training.

“ My goal is getting today’s every participants practiced KAIZEN proactively.”

From the initial stage when he joined this company as a general staff after working at U.S. company, he was impressed with style of getting every members involved regardless of title at Japanese company , especially 

KAIZEN activity.

“ The one thing that I appreciate about Japanese company is their giving me 

 chance to express my idea during meeting . More than that,  I got scolded 

if I didn’t express my idea(laugh)”

He mentioned that way at that time. This time, he had already pillar of organization as a manager. 

KAIZEN is useful to grow manpower who can take initiative as well as enhancing daily productivity.

Something great will happen today ! 







 

1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8